FC2ブログ
avatar image

子どもを算数・数学嫌いにする方法 ~私のようにならないで~

幸育×教育でママと子の笑顔を増やす!!
川村久実子です。

今日のテーマは、
子どもを算数・数学嫌いにする方法 です。

「嫌いにする方法じゃなくて、好きにする方法を教えてよ!」

という声が聞こえてきそうですが、
好きにするというのは、そう簡単なことではありません。

好き、嫌い、というのは
その人の趣向や個性がどうしても絡んできますし、

「好きになりなさい!」
と言われて、気持ちが簡単に変えられるものでもありません。

特に、一度「嫌い」になってしまったものを
「好き」という状態にまで持っていくのは
無理ではないかもしれませんが、難しいこと。

でも、「嫌い!」 という状態にすることは
簡単にできちゃいます。

現に、私は、娘を見事に数学嫌いにしてしまいました。

もちろん、嫌いになってほしいと思ったことは一度もなく、
むしろ、

算数や数学ができるようになってほしい。
できたら好きになってほしい。

とさえ思っていたのです。

でも、娘は見事に数学嫌いになりました。
その原因の大部分は、母である私の言動にあったと思っています。

私が娘に言った言葉①
「また同じような計算ミスして!」

小学校高学年になって、娘の算数の点数が下がってきました。
軽微な計算ミスを多発。
簡単な計算にも時間がかかる状態。
「どうしてこんな計算ができないの?このまま算数が苦手になっちゃうかも。」
そんな私の意味のない焦りの矛先は娘へ。
計算ミスや間違いを何度も責めてました。
そして、「あなたのため」と言いながら、
正しい答えを速く出させることをばかりを娘に求めました。

私が娘に言った言葉②
「算数・数学苦手だよね・・・。」

計算ミスが多い状態のまま、中学校へ入学。
数学をするときは、ため息をついたり、表情がくもったりするようになりました。
テストを受けるたびに点数が下がっていきました。
そのような点数を見るたび、「数学苦手だね・・・」と。
そして、私はその後、言ってはいけない一言を言ってしまうのです。

私が娘に言った言葉③
「何この点数。もうまずいじゃん。」

今は入力するだけでも辛い。
この言葉を中1冬の定期テストでガタ落ちした点数を見て、娘に言ってしまいました。
一番ショックなのは娘なのに・・・。
ほんとヒドい親(私だけど)
娘は大泣きしながら言いました。
「数学の授業を聞いていても、先生の言うことが理解できない。わからない。」と。

その言葉で塾探しを始め、個別指導塾で数学をみてもらうことに。
とても優しく教えてもらって、娘は楽しんで通いました。
定期テストの点は、その後、まずまずのところで安定。
無事に志望校にも入学。
その塾は高校入学までお世話になりました。
そして今に至ります。

こたえ
紺色らいおんさんによる写真ACからの写真

『親が先生をやってはいけない。』

石田勝紀先生がよくおっしゃいますが、ほんとその通り!
あのまま行ったら、どうなっていたことか。

自分の子でなければ 冷静に指導できるのですが、
我が子になると どうしてこうも感情的になってしまうのでしょう。

好きにさせるどころか どんどん嫌いにさせていた。
できるようになるどころか どんどんできなくさせていたのです。

私のこの苦い経験は 今関わっている子どもたちの指導に活きています。
Mama Cafeでは、この経験も含めて、ママさん達にお伝えしています。

家庭で先生をしないということは、子どもを放っておくということではありません。

親にしかできない、親だからこそお子さんに届けられる、
大切な関わりや声がけがあるのです。


さて、その後、娘はどうなったか?

数学は嫌いなまま。
(母としてはごめんね~と言うしかない。)

でも、嫌いの程度は少なくなっているようです。

「数学はできたら避けて通りたい。でも今の私には必要だから。」
これが、娘の今の状態。

現在、受験生。
行きたい進路には受験科目に数Ⅰと数Ⅱが。

好きにはなれない教科。
決して得意ではない教科。

数学を避ける道もあるけれど、自分の行きたい道のために、娘は数学を使う受験を選びました。

「私には伸びしろしかない^^」

これが、今の娘の口ぐせ。

私の言動が変わると 子どもって変わるんです。
(そのことについては、Mama Cafeの各テーマでお伝えしています)

あとはもう見守るのみ。
一日一回以上、一緒に笑い合う。
家を一番安らげる場所に。
できるのはそのくらいです。

ちなみに、当時あんなに心配した計算ミスは、
今ではまったくしなくなりました。
無駄な取り越し苦労ってことですね・・・。

子ども達は可能性のかたまり。
そして日々成長しています!

親の誤った捉え方でその成長を妨げることなく、
その子らしさの芽を育んでいきたいですね。

私と娘のこの苦い経験が、少しでもどなたかのお役に立てば嬉しいです。


【石田勝紀先生 新潟講演会・Mama Cafe】
「AI時代を生きる子どもたちの『能力』を引き出す3つの方法」
~2020年から始まる新しい教育で高い能力を発揮するための方法~

2019年10月3日(木) 10時半~12時半 @新潟市中央区 ゆめディア

講演会後は、石田先生自らがファシリテーターを務めてくださるMama Cafeも開催!
13時10分~15時10分 同会場2Fのパンとカフェ シエールさんにて

新潟講演会告知20191003

詳細・お申し込みはこちらから↓
http://ishida.online/lecture.html

石田勝紀先生 公式サイト↓
http://www.ishida.online/

みなさまのご参加をお待ちしております!

【川村久実子のMama Cafe】
●新潟市北区:2019年10月下旬開催予定 10時~12時
「『強み』を活かす!子どものタイプ別対応法
 ~シングルタスク型・マルチタスク型に響く声がけとは~」


場所:わらび屋 朝日町店(新潟市北区朝日町2丁目13-22)
参加費:1000円
定員:7名

お申込み:
日程が決まり次第、ブログやFacebookでご案内いたします。
もうしばらくお待ちください。

【Mama Cafe@新潟のリクエスト開催も随時受付中】
各テーマ、4名様以上で開催いたします。

テーマ1:子どもの考える力を伸ばす「5つの言葉」
テーマ2:勉強の苦手意識を転換する方法
テーマ3:やる気の芽を伸ばす10の声がけ
テーマ4:終わらせればそれでよい?宿題サポート術
テーマ5:スマホやゲームとどう付き合う?
テーマ6:子どももママも幸せに生きるための親子の関わりとは
テーマ7:『強み』を活かす!子どものタイプ別対応法


Mama Cafeについての開催リクエスト・お問い合わせは、
お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。
⇒ お問い合わせフォームはこちら

メルマガ始めました!
月に2通ほどの頻度で、読者登録してくださった方にメールが届きます。
(メルマガ限定の幸育×教育コラム、Mama Cafe等のお知らせ、アロマミニコラム)

読者登録していただけましたら嬉しいです。
よろしくお願いします!
ママと子の笑顔のための 『幸育×教育』メルマガの購読(無料)申し込みはこちら

◆「カフェスタイル勉強会 Mama Cafe」 とは
2016年から教育者である石田勝紀先生が主宰している会。
「ぐんぐん伸びる子に育てたい」「前向きな子どもに育てたい」と考えるママさんたちが集うCafe スタイルの一期一会の勉強会です。

最後までお読みくださりありがとうございました。
Theme: ママのお役立ち情報 | Genre: 育児

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する